2005年07月06日

いろんな税理士さん

最近知り合いの会社の決算書を見せていただく機会がありました。
その中でキャッシュフローがかなり厳しいにも関わらず、多くの税金を支払っていました。
この決算税理士さんでやってもらったんだよね?
その税理士さん節税対策とか何も教えてくれなかったの?
答えはNOでした。
ただの計算屋さんなら、わざわざ税理士さんに頼まなくても、代行経理屋さんに頼んだ方がよいのではないかと思いました。
世間ではいかに+αのサービスでしのぎを削っているかというのに、その業界ではまだまだそういうやり方がまかり通っているようです。役所仕事の延長という気分でやっているのでしょう。
私もサービス業でいかに生徒さんに喜んでもらえるかを考えておりますが、そういう意識を持った税理士さんとお付き合いしたいものです。

英会話名古屋エイミーズ
posted by マンツーマン英会話エイミーズ at 10:51| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。楽しそうな英会話学校だなあと思って見ていたら、頭の痛い話題が書かれていたのでコメントします。

私も名古屋在住の税理士です。
書かれている内容は、同業としては恥ずかしい部分でもあるし、自分でも反省しなければならない部分もあるなあと感じました。

税理士業界は、既に顧客を抱えた保守的なおじいちゃん税理士と、前を見据えた若手税理士でスタンスは全く違います(中には、のほほんとした二世ジュニア税理士もたくさんいますが)。

他の業界でも同じなのかもしれませんが、事務所によって内容・サービスはピンキリです。
見極めは難しいかもしれませんが、大事な経営の事を相談するわけですから最初から納得いくまでコミュニケーションをとることが大切だと思います。


と、色々書いてしまいましたが、英会話スクール楽しそうですね。
しばらく忙しい日々が続くのですが、一度見学に行きたいです。
Posted by B・P at 2005年07月10日 20:56
コメントありがとうございます。
ブログのほうも拝見させていただきました!
私が昔営業をしていた頃、自分の担当するお客さんが私が担当になったばかりに損をさせるようなことがあってはいけないと一生懸命上司と口論していたことがありました。見方を変えれば会社に損をさせていたのかもしれません。同じように節税を促す税理士さんは国力の減少に貢献しているともいえるのかなとも思いますが、無駄に税金を使っていると思える報道をみると、税金取りすぎではないかと考えてしまいます。
こっちも窮窮だから役人も同じように苦しめというわけではなく、効果的に私達の生活を守って欲しいと思うのです。私達の生活を守る人はある程度余裕があってよいと思います。余裕がないと自分自身で精一杯になってしまい他人のことなんてどうでも良くなってしまうから。

BPさんは独立されるようですね。しかも、ご近所の大須で物件を探されているようですね。
僭越ながら応援しております。
また、ブログも覗かせていただきます。
Posted by amys at 2005年07月12日 11:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

人事屋が書いた経理の本―MGから生まれた戦
Excerpt: 数年前に上司にすすめられて読みました。こんな本が遠い昔にでていたというのがスゴイ!はっきりいって、近年「簡単に分かる会計」系の本が雨後の竹の子のごとく出続けるのが不思議なくらい。書店でももっと前面に出..
Weblog: 経理がたくさんあります
Tracked: 2007-10-14 06:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。